あなたのお肌のタイプは?

更新日:



年が明けて1週間が経ちました!

どうもこんにちは!さきです*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。
ブログ、twitter、Instagramの次はTOPICSにも登場しちゃいました(笑)

わたしのブログではときどき美容のお話しを書いていますが、
せっかくならどーん!と特集にしてもらえたらと思い、このTOPICSにて
ご紹介させていただき、みなさんのお肌の悩みを少しでも解決できれば
嬉しいです★

ブログはコチラから↓↓
https://qboo.blog.fc2.com/

 

早速今日は、肌質タイプと見分け方についてお話しさせていただきますね!


自身の肌質を理解することで、間違ったスキンケア方法を防げ、美肌への
近道にもなるんです+*:.。.*:+☆

お肌のタイプは大きく分けて4種類。
・脂性肌

水分も皮脂も多くべたつきが気になるタイプ。
丁寧な洗顔と引き締め効果のある化粧品で皮脂を抑えるスキンケアが必要です。

・普通肌
水分、皮脂のバランスが整っており、かさつきやニキビなどのトラブルが少ない。
バリア機能が働いていて、外刺激にも影響されにくい。
肌が安定している。

・乾燥肌
水分、皮脂ともに少ない。自らうるおう力に欠けた、かさつきタイプ。
皮脂腺が小さい為、毛穴はほとんど目立たずキメも細かい。
水分も油分も不足している。

・混合肌
Tゾーンは脂っぽいのにUゾーンはかさつく。水分と油分のバランスの崩れから、
バリア機能が低下。肌質コントロールをしにくい。


<肌タイプを診断する方法>

●洗顔後の肌の様子を見る
a.肌全体がつっぱりカサカサする
b.頬はカサカサしているがTゾーンはべたつく
c.全体的にべたつきを感じる
d.特にべたつきもかさつきもしない

aは乾燥肌
bは混合肌
cは脂性肌
dは普通肌 


この方法で大まかな肌のタイプはわかりますが、化粧品売り場のカウンターで
BAさん(美容部員)に肌質チェックをしてもらうのも手です!

また、皮膚科を受診し今の肌の状態を診てもらうと今はどんな肌質なのかが
わかり、間違ったセルフスキンケアを防げます。
WEBやアプリで肌診断が出来るので、それを利用してみるのもいいです!



肌タイプによってスキンケアの種類や方法は異なりますが、
共通して言えるのが「正しい洗顔をしているかどうか」です。


たとえば、脂性肌の方でよく聞くのが
「朝はべたつくから洗顔しない」という声や、「べたつきやざらつきが
気になるから、ゴシゴシ洗いをする」というお話し(´・ω・`)

朝洗顔をしないと、前日の晩につけたスキンケアの油分や皮脂が酸化して、
肌トラブルや毛穴詰まり、肌老化の原因になってしまうこともあるのです!

また、ゴシゴシこすり洗いは肌を傷つけたり、シワ・たるみの原因にも
なってしまうので注意が必要です!


<正しい洗顔のやり方>
1.顔をぬるま湯で濡らす
2.洗顔料をよく泡立てる
3.泡を顔全体に広げ、手が肌に触れないように泡を転がすように肌の上で動かす
4.ぬるま湯で丁寧に洗い流す
5.タオルで抑えるようにして水分を取る





ポイントは“ぬるま湯”
32℃くらいの手で触れても熱くなく冷たくもない温度が理想です。
温度が高すぎると必要以上に皮脂を取りすぎてしまい、
また、低すぎると毛穴が引き締まり汚れが落ちにくくなってしまいます(´・_・`)


洗顔後、それぞれの肌質に合ったスキンケア商品を使い、ひと工程ひと工程
丁寧にスキンケアを行なっていきます。
スキンケアについてはまた別の記事にてご紹介しますね!!

みなさんはどの肌質でしたか?
洗顔は正しく出来ていましたか?
些細なことでも、日々の丁寧な努力でお肌はどんどんキレイになっていきます♪



それではまた、次回のお肌悩みの記事でお会いしましょう✿❀