SMクラブってなぁに?

更新日:




またまたわたし、初めての【SMクラブ】にお邪魔しました!!

SMクラブってムチで叩いたり縛ったり・・・と何となく想像できそうな感じですが
もっと詳しくお仕事のことを知って、みなさんにご紹介したいと思いましたので、
ここではそんな、【SMクラブ】について詳しくご紹介していきたいと思います。

SMの世界に興味がある方、ぜひ参考にしてみてくださいね♪



◆SMとは

S・・・サディズム
自分以外が苦痛や恥辱を感じている様子を見て性的快感を覚えること

M・・・マゾヒズム
苦痛に対して快感を覚えること


◆お仕事内容は?

SMクラブでは、通常のヘルスコース+SM特有のプレイを合わせた内容をします。
SM特有のプレイは
S(女王様)とM(M嬢)の2つのタイプに分かれます。

女王様・・・いわゆる“責める”側のプレイ。
目隠し・言葉責め・命令・拘束・ムチ・ロウソクを垂らすなど、とにかく責めます。
お客様からは「女王様」と呼ばれたり、お願いされたりする立場なので、女王気分で
プレイをします。


M嬢・・・“受け身”側のプレイ。
女王様とは逆の立場になるので、アイマスク・拘束・ムチ・ロウソク・アナル開発
といったプレイで、お客様の責めを受けるお仕事です。


◆SMクラブの特徴は?


SMクラブは技術が必要だったり、他の風俗のお仕事よりもハードなサービスであるため
料金設定を高くしているお店が多いです。
そのため、少ない本数でも稼ぐことが出来るのが特徴です。

また、お客様自体も高収入な方が多く、高収入なお客様に固定で指名してもらえると
しっかり稼ぐことが出来ます。

SMクラブの醍醐味は“イメージプレイ”
つまりお客様も、イメージプレイによる快感を求めてお店を利用されます。
そのため、他の風俗店と比べると本番の強要が少ないようです。

風俗店は本番行為は禁止されていますので、稀にいる本番を求めてくる

お客様に対し、嫌な雰囲気にさせずに断ることも必要な場合があります。
そうなりにくいのがイメージプレイを求めているお客様が多いSM店。

ただし、サービスによる癒しを提供する努力はとっても大切なんですよ。


◆こんな方にオススメ!

元々サディストの方やマゾヒストの方は、自身の性癖を活かして働くことが出来ます。
つまり、【好きなことを仕事にする】ことが出来るので、お仕事内容に関して
ストレスを感じることがあまりなく働けるのです。

また、技術がある方はそのプレイ技術に惚れ込んでお客様がつくことも多いので、
年齢を重ねても働くことが出来るんです!
実際に40~50代の女王様もいるんだとか・・・!


◆・・・最後に

「痛そう」「つらそう」「難しそう」と思われがちなSMクラブですが、最近では
【ソフトSM】のお店も増えてきています。
「興味はあるんだけど、ハードなプレイは少し怖いから・・・」という方は
まずは【ソフトSM】から始められるといいかもしれません◎


いかがでしたか?
もしSMのお仕事に興味があったり、性癖をお持ちの方はお仕事を「趣味感覚」で働けて
なおかつ高収入を得ることが出来ます。
もし少しでも気になったら、ぜひお店に問い合わせしてみてください♪
きゅうぼーでも、SMクラブのお店さんがたくさん掲載できるよう、頑張ります!!