イエベ?ブルベ?ベースカラー診断

更新日:



こんにちは!さきです*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。


第1弾の美容特集を書いてから、間が開いてしまいました(>_<)
わたしのブログの中で、ファッションやメイクのお話しをする際に
ときどき出てくる
“イエローベース”“ブルーベース”いう単語。

美容コラム第2弾は、「ベースカラー」についてお話しいたします。


肌の色は「ブルーベース」「イエローベース」の2種類に分類されます。
ベースカラーがどちらのタイプか知ることで、引き立てる色を見極めることが
出来、ヘアカラーやメイク、ファッションに取り入れる際の参考になるのです◎



◆◇ベースカラー診断方法◇◆

・血管の色
ブルーベースの人は血管が青く、イエローベースの人は血管が緑色に見える傾向が
あります。


・白目の色
ブルベースの人は白目がやや水色っぽく、イエローベースの人ならアイボリー系
色みであることが多いです。


・日焼け後
日焼けをした後、赤くなるが黒くならない人がブルーベースに多く、赤くなるより
黒くなってしまう人はイエローベースであることが多いです。


・身につけているアクセサリー
普段つけているアクセサリーで、シルバーとゴールドどちらがしっくり来ているか
よっても見分けることが出来ます。アクセサリーは直接肌に身につけるものなので、
肌の色みとの相性が反映しやすいアイテムといえます!

シルバーが似合う・・・ブルーベース
ゴールドが似合う・・・イエローベース



それではここで、それぞれに似合うカラーをメイクアイテム別にご紹介します☆

とくにコスメ購入時に悩むのがファンデーション選び
カラーチャートと照らし合わせながら参考にしてみてください♪




ブルーベースさん
ブルーベースの方は基本的にピンクがかった白みのある肌が魅力。
肌の透明感を引き出せるような青みよりのカラーが似合います!

・ファンデーション・・・ナチュラルピンク、ライトピンク
・アイシャドウ・・・水色やネイビーなどの寒色系、青みのあるピンクやパープル
・チーク・・・青みのあるベリー系、ローズ系
・リップ・・・青みよりのピンクやローズ、赤系

反対に黄みのあるブラウン系やオレンジ系、ベージュ系などは肌色を悪く
見せてしまう可能性があるので注意が必要です××


イエローベースさん
親しみやすい印象を与えてくれるイエローベース肌さん。
選ぶ基準は、顔色がトーンアップするかどうかを基準に選んでいくことがポイント!

・ファンデーション・・・ライトベージュ、ナチュラルベージュ、イエロー系
・アイシャドウ・・・オレンジなどの暖色系、ブラウンやベージュの定番色
・チーク・・・ベージュやブラウン、黄みがかったサーモンピンクやコーラルピンク系
・リップ・・・黄みがかったピンクや赤、オレンジ、ブラウン

青みがかったコスメを選んでしまうと、肌から浮いたり顔色を悪く見せたり
してしまうので注意が必要です××



ちょっとピンと来ないかもしれない“青みピンク”とは、↓のようなピンクです!
ローズピンク系ですね!




オレンジみのあるピンクはこんな感じ↓↓
うちのおばあちゃんいわく、「鮭みたいなピンク」です。



いかがでしたか?
自身の肌の色を知ると、自分に合うメイクやファッションの参考になるので
色選びのとき迷うことがないのです◎

風俗でお仕事されているみなさんは、お仕事でつけるランジェリーの色選び
参考にもなるのではないでしょうか♡

似合う色を使いこなせていると、印象も良く魅力もUP↑↑するので、
ぜひ自身のベースカラーを診断してみてくださいね♪



~~余談~~

はじめの方で、血管の色で判断できると言うお話しをさせていただきました。
そんなわたしの血管ですが・・・



肉厚だからなのか血管がほとんどなくてわかりにくいですね(´・_・`)
採血のときも看護婦さん泣かせでいつも苦戦されしまいます。
強いて言うなら、手首にグリーン系の血管がありました。

日焼けをして赤くならず真っ黒になってしまうので、わたしはイエローベースだと
思っています!! 
だからわたしも好きです、「シャケピンク」♡♥



それではまた、次回のお肌悩みの記事でお会いしましょう✿❀