【一般職】面接を成功させるための心得

更新日:

*読みやすく簡潔に。履歴書の書き方!*

 

履歴書ってどう書けばいいんだろう。

何を書いていいかわからない。

そんな方に履歴書の書き方を伝授いたします!

 

POINT.1:履歴書は手書き?PC? どっちが有利なの?

応募先から指定がない場合は、手書きでもPCでも問題ありません。

フォーマットよりもあなたのスキルや実績、なにより”やる気”や”意欲”が重視されるのです。

 

ここでは手書きとPCのメリットデメリットをご紹介いたします。

 

〜手書きのメリット〜

・人物像や個性が伝わりやすい

・意欲や丁寧さが目に見える

 

〜手書きのデメリット〜

・書き損じた場合、1から書き直さないといけない

・PCスキルがないと思われる

 

〜PCのメリット〜

・書き損じをすぐに直せる

・複製が容易にできる

 

〜PCのデメリット〜

・誠意が伝わりにくい場合がある

 

応募先から指定のない場合は履歴書の手書き、PCの違いが合否の決め手になることは滅多にありません。

もし、不安ならば応募先に直接聞いてみるのもいいかもしれません。

 

POINT.2:注意!手書きで作成する時に気をつけること

 

履歴書を手書きで作成する場合は黒いボールペンを使用しましょう。

間違えたときに便利!と文字をこすって消すタイプのボールペンを使用するのはNGです。

履歴書のコピーを取る際に熱によって文字が消えてしまう可能性があるからです。

せっかく書いた履歴書の文字が真っ白になってしまうのは嫌ですよね。

また、書類にそのようなボールペンを使用することで社会人としてのマナーを疑われてしまうかもしれません。

大切な書類に文字を書く際は黒いボールペンで書くようにしましょう。

 

POINT.3:何を書いていいの?項目別履歴書の書き方

履歴書にはたくさんの項目があって何を書いていいかわからなくなってしまいます。

そんな時にご参考ください!

〜免許・資格〜

記入順序は①免許、②資格

免許・資格は正式名称で記入

業務に関係する資格を記入

勉強中のものも記入

取得時から資格の名称が変わっている場合は取得時の資格名を記入

 

〜志望動機〜

経験に基づいた具体的な志望動機を記入

 

〜本人希望欄〜

・趣味特技

面接時話題になることもあります。

空欄にしないようにしましょう。

・本人希望欄

待遇面などについては原則「貴社規定でお願いいたします」と記入

希望職種を記入

POINT.4:間違えちゃった…。履歴書の修正方法

 

慎重に書いていても書き間違えてしまうことは誰にでもあります。

履歴書で書き間違えた時の修正方法をお教えいたします。

 

大変かもしれませんが書き間違えたら一から書き直しましょう。

修正ペンや修正テープで修正しても書き間違えしてしまったことは目に見えて分かってしまいます。

どうしても時間がない場合には、書き間違えた部分に二重線を引き、修正印を押して修正する方法もありますが、あまり好ましくありません。

履歴書はあなたの魅力を映す鏡です。

時間に余裕を持って丁寧に履歴書の作成をしましょう。

 

*何を着ればいいの?服装選び3つのポイント*

 

 面接時に「私服面接」「服装自由」と書かれていると何を着ていいか悩みますよね。

私服と言われているのにスーツで行っていいのか。

どこまでが許される範囲なのか。

そんなあなたの不安を解消するポイントをいくつかお教えいたします。

 

POINT.1:就活の王道!リクルートスーツは着ていいの?

 

面接時にリクルートスーツを着るか動画悩んでいる人も少なくないようです。

しかし、リクルートスーツである必要はありません!

逆に年齢によっては避けた方が良いかもしれません。

リクルートスーツはフレッシュな印象ですが、学生の就職活動という印象が強く、スキルや経験を伝える場ではふさわしくありません。

一般的なビジネススーツを着用するのが無難でしょう。

 

POINT.2:どんなスーツがいい?ビジネススーツの選び方

 

落ち着いた色のスーツは世代や年齢を問わずマイナスの印象が少ないため、

ネイビーやグレーなど落ち着いた色のスーツがオススメです。

スーツといえば黒!という印象があるかもしれません。

しかし黒いスーツはリクルートスーツに近いため、避けた方が無難です。

 

POINT.3:「私服面接」?「服装自由」?何を着たらいいの?

 

基本的には3つのポイントを抑えましょう。

・清潔感があること

・シンプルさ

・ビジネスマナーを守っていること

では、実際にどのような服を着れば良いのでしょう。

 

〜NGな服装〜

・パーカー

カジュアルすぎるという印象を持たれてしまう可能性があります。

面接では避けた方が無難でしょう。

 

・露出が多いもの

女性は胸元が開きすぎているもの、短いスカートなどはあまり良い印象ではありません。

面接の服装で重視すべきはおしゃれではなく清潔感です。

 

・ダメージジーンズ

面接ではだらしのない印象を与えてしまいます。

腰で履いたり、裾を引きずっていたり清潔感のない服装は避けましょう。

 

・汚れた靴

面接に臨む時には清潔感を心がけましょう。

これは身だしなみ全体に言えることです。

 

〜OKな服装〜

 

・シャツ

・ブラウス

・ジャケット

・カーディガン

・パンプス

・革靴

・スラックス

・落ち着いた色の服

・膝丈のスカート

 

シャツやブラウスはシワがないようにしましょう。

また、派手目な服装は良い印象ではありません。

清潔にシンプルにを心がけましょう。

 

POINT.5:「私服面接」「服装自由」と言われるのはなぜ?

 

「私服面接」「服装自由」と言われるのはなぜでしょう。

 

「自由な社風のアピール」

「服装を含めて見極めの判断材料にしている」

「慣れた服装でリラックスして面接に臨んでもらいたい」

それにはこのような面接官の意図があります。

あまり悩まず、上記のポイントを抑えて服装を決めましょう。

 

*遅刻しそうになったときには落ち着いて…*

 

電車が遅延してしまった。

道に迷ってしまった。

 

寝坊してしまった…

 

どんなに気を付けていても遅刻してしまうことは誰にでもあります。

もちろん一番いいのは時間に余裕を持って面接地に向かうことですが、

それでも間に合わない場合は早めに電話で伝えましょう。

 

〜遅刻してしまう理由を用意しよう〜

寝坊で遅刻してしまう場合、面接が長引いて遅刻してしまう場合

相手にそのまま伝えてしまうのは大変失礼です。

この場合、他の理由を用意しておく必要があります。

 

・電車が遅延してしまったため

・体調が悪くなってしまい途中で休んだため

 

  上記例文のような、面接官が納得する理由を考えておきましょう。

 

POINT.6:電話で伝えるべき要点

・挨拶を忘れずに。自分の名前を伝えましょう。

・面接の担当者へ引き継いでもらいましょう。

・担当者が電話に出たら再度挨拶と自分の名前を伝えましょう。

・遅刻理由を簡潔に伝えましょう。

・現在地と到着予定時刻を伝えましょう。

・謝罪を忘れないようにしましょう。

・用件が終わったら挨拶をして相手が切るのを待ってから電話を切りましょう。

 

 電話をする際はメモとスケジュール帳を手元に用意しましょう。

 

面接に遅刻してしまう場合、内定の確率は低くなってしまいますが、可能性がなくなってしまったわけではありません。

不測の事態が起こっても、誠意を持って遅刻の理由を説明すれば良いのです。

遅刻してしまったからと面接をないがしろにするのはよくありません。

きちんと連絡をして面接に向かいましょう。

 

*面接前に確認しよう!面接の7つ道具*

 

面接の前はバタバタしてしまい、忘れ物をしてしまうかもしれません。

いざ面接をして鞄を開いたら履歴書がない!なんてことにならないために

持ち物のチェックを前日までにしておきましょう。

 

POINT.7:面接7つ道具

1.腕時計

時間を確認するのに携帯電話を見る方も多いと思います。

しかし、携帯電話の充電が切れてしまったらどうでしょう。

時間が確認できなくて面接時間に間に合わなかった!なんてことになってしまうかもしれません。

そんな時に腕時計があれば容易に確認ができます。

しかし、奇抜なデザインはマイナスイメージに繋がってしまう事もあります。

なるべくシンプルなものを身に付けるように心がけましょう。

2.スケジュール帳

遅刻してしまって面接日が変わってしまった。

担当者の都合で別日になってしまった。

次の面接の日程を決めることになった。

そんな時にスケジュールがわからないなんてことを言ってしまったらマイナスイメージに繋がってしまいます。

自分のスケジュールをしっかり管理して手帳に記載し、面接に持っていきましょう。

3.メモ帳

企業説明会や面接などで必要なことを暗記するのは難しいですよね。

暗記するのではなく、メモとして残しておきましょう。

あとで確認のために見直したりできますし、自己PRを作成するのに役立つかもしれません。

4.企業の情報書類

応募先に電話をかけたい!けど携帯電話は充電切れ!

なんて二進も三進も行かないなんてことにならないように応募先の電話番号、担当者名、住所は最低限メモとして持っておきましょう。

応募先の会社概要をコピーしておくのもいいかもしれません。

5.携帯電話

日常生活でも必須アイテムとなっている携帯電話を忘れてしまったら大変なことになります。

大切なデータが入っていたり検索が出来たり現在地がわかったりと便利な携帯電話。

充電も忘れないようにしましょう。

予備バッテリーも持っていると安心かもしれません。

忘れがちなケーブルもしっかり持っていきましょう。

6.鏡

面接前に満員電車に乗って髪がボサボサになってしまったら清潔感がありません。

外でも自分の姿が確認出来るように鏡を持っていきましょう。

会場に着く前にも一度身だしなみを確認するためにも必要になってきます。

7.指定された持ち物

もちろん一番大切なものです。

時間も完璧!身だしなみも完璧!なのに指定された持ち物を忘れた…

なんてことになったらマイナスイメージにつながってしまいます。

履歴書はもちろん各応募先に指定されたものを持っていきましょう。

必要書類があればきちんとファイルに入れてシワにならないように持ち運びましょう。

 

まとめ

以上が面接を成功させるための7つの心得です。

あまり気張りすぎず、肩の力を抜いて面接に臨みましょう。

きちんと事前準備をしていれば大丈夫です。

焦らずゆっくり話すことを心がけて面接を成功させましょう。